物の多さが却って生活の窮屈さを物語っている気がする。