今年の七月に死んだ私の父は本格的な右派思想だったし、私もどちらかと言えば自分は右寄りだと思う。
我々が「国民」でいられるのは国があってこそだからその国に感謝するのが筋だと思うし、自分の国は自分で守るのが筋だとも思う。

しかしながら、私はどうしても“自称・愛国者”が好きになれない。
もっと言うと愛国心を免罪符にして法律を破ったり、そこまでいかなくても国民に迷惑をかける馬鹿が大嫌いなのだ。 

愛国心があったら何やっても許されるのか。国を愛していると言いながらその国の法律を破る奴は何なんだ。日本は法治国家じゃないのか。「法律も世間のマナーもクソ食らえだ!俺は愛国者だと言っている」ってか、やかましいわ。愛する祖国を傷つけるとかどこのDV野郎だよそんな痛々しい愛いらねぇよ迷惑だよ。

本当に国を愛してるって言うんだったら国の定めた法律を厳守すべきだし、国や国民に迷惑をかけないようにするのが人としての筋じゃないのかね。