私の苦痛が誰かの笑いのもとになることもある。だが私の笑いが誰かの苦痛のもとになることは決してあってはならない。

――
チャーリー・チャップリン